サイト内検索

Search

nc_重要

「緊急事態宣言」解除を受けた本学の対応について(本学・学生のみなさんへ)

 

東京経済大学

4月に発出された緊急事態宣言が5月25日に解除され、26日には、東京都による大学への休業要請も緩和されました。これを受けて本学では、段階的にキャンパスにおける教育・研究活動の再開を検討していますが、引き続き、学生・教職員の健康と安全を守ることを最優先し、感染拡大防止の社会的責任を果たすことを基本としつつ、以下の対応をとることといたします。なお、この取扱いは、今後の状況を見て変更することがあります。

1.オンライン授業の継続と成績評価方法

第一学期末まで、原則としてオンライン授業の実施を継続します。第一学期の定期試験は行いません。成績評価は、授業期間における小テストやレポート等による平常点で行います。
段階的に対面授業へ移行していく方策を検討しましたが、教室や通学経路において3つの密を回避することは困難であること、感染の第二波のリスクが懸念されるなかで、地方に帰省している一定数の学生に転居を強いることになること、仮に一部の授業のみ対面授業で実施した場合、その前後で実施される同時双方向型のオンライン授業が受講できないケースが生じるなどといったリスクや弊害があることに鑑み、このままオンライン授業を継続することとします。

2.各キャンパスへの立入禁止の段階的解除

6月15日(月)から、国分寺キャンパスの正門のみを開門し、予約した施設を利用できるようにします。入構の際には、守衛所にて事前に予約した内容の提示が必要です。また、サーマルカメラなどでの体温確認を行ったうえで入構を許可しますのでご承知おきください。なお、学生の入構時間は、平日月曜日から金曜日の午前10時から午後4時までです。ただし、教室、学生ラウンジ等は、当面利用できません。村山キャンパスについては、当面、立入禁止とします。

【予約できる内容】(いずれも人数を限定した予約制を予定しています)

  • 図書館の利用
  • PC自習室の利用
  • メディア工房の利用
  • 大学院研究室の利用

※事前予約の方法は、HPを確認してください。

【入構にあたっての注意】

入構にあたっての注意点(マスク着用など)は近日中にHPに掲載します。

3.事務窓口の対応

感染症拡大防止の観点から、事務窓口での対面業務は、当面行いません。

4.図書館、PC自習室及びメディア工房の利用

図書館については、6月15日(月)から当面の間、サービス内容を限定(図書の貸出(自動貸出機)・返却ボックスへの資料返却・図書館資料の複写等)し、予約者に開放します。予約の方法は近日中にHPに掲載します。今後状況を見て、館内資料の閲覧、自習等、サービス内容を拡充していきます。

PC自習室については、6月15日(月)から、予約者に開放します。予約の方法は近日中に情報システム課のHPに掲載します。

メディア工房については、6月15日(月)から、予約者に開放します。予約の方法は近日中にHPに掲載します。

5.課外活動の禁止

課外活動については、学内外を問わず当面禁止を継続します。
(3つの密「密閉・密集・密接」を避けるための行動を徹底してください)

6.海外渡航、合宿等の禁止

当面の間、海外渡航を禁止します。また、ゼミ、クラブ、サークル等の合宿を禁止します。

7.大学院の特別措置

大学院については、6月15日(月)から大学院研究室の利用を予約者に限り可能とします。また、研究活動を最低限維持するために大学院の一部科目について、6月15日(月)から対面授業を行うことがあります。詳細は、研究課にお問い合わせください。

8.(参考)教職員の勤務

教員は引き続き研究室の利用を自粛していますので、研究室を訪ねることはできません。また職員はテレワークを活用しています。

以 上