サイト内検索

Search

nc_トピックス

フードバンクで学生を支援 東京武蔵国分寺ロータリークラブの協力を得て実施

 

東京経済大学と東京武蔵国分寺ロータリークラブは、2021年6月29日(火)から7月5日(月)の1週間(土日除く)、共催でフードバンク事業を展開しています。

今回の取り組みは、一人暮らし、家計困窮、アルバイト収入減などで困窮する本学学生に対して、東京武蔵国分寺ロータリークラブから現物寄付された9,000食分の食料品を配布することで支援を行うものです。

配付される食料品は、米や即席めん、パスタ、地元野菜、缶詰、レトルト食品などで、事前アンケートに基づき対象となった学生に対して予約制による配布を行っています。

初日に来場した経営学部2年生の学生たちは「1人暮らしですがコロナ禍でアルバイトも満足にできず、仕送りに頼らざるを得ない。必需品である食料品を提供してもらえるのはとてもありがたいです」「このように多様な食品を提供してもらえて嬉しいです。今後も定期的にぜひ実施してもらいたいです」と話していました。

新型コロナウイルス感染症対策のため、十分な室内換気を行い、配付距離を保ち、手指消毒などを行っています。また、入場予約制として各回30名程度の来場とするなどの調整もしています。