サイト内検索

Search

nc_お知らせ

2021年度第2学期の大学運営について

 

東京経済大学

東京経済大学では、2021年度第2学期の大学運営は下記のとおりとしましたので、ご理解くださいますようお願いいたします。

●授業について
緊急事態宣言が解除された場合については、宣言解除後、一週間後までは遠隔授業を継続することとなっています。第4回緊急事態宣言が9月30日(木)まで延長になったことを受けて、第2学期の授業は10月7日(木)まですべて遠隔授業で行い、10月8日(金)から当初予定していた授業形態に切り替えます。ただし、スポーツ科目は、学生の欠席を不利に扱わないことを条件に10月1日(金)から対面で行います。また、大学院の一部授業(未入国の留学生が履修する授業)については、10月8日(金)以降も当面、遠隔授業を継続します。
なお、感染状況等によっては今後も、対面授業を遠隔授業に切り替える場合があります。
CSC講座については、緊急事態宣言中も感染対策に十分注意したうえで対面授業を実施しており、この取り扱いを継続します。

●課外活動について
学生の課外活動については、緊急事態宣言が解除されれば、発令前の取扱い(特別再開申請制)に戻すこととします。

●窓口時間、施設利用時間等について
緊急事態宣言解除後、窓口時間及び施設利用時間など、その他の措置についても緊急事態宣言中の体制を一週間継続することとし、対面授業開始に合わせて通常どおりの体制に戻すこととします。
なお、緊急事態宣言中は、事務窓口17時まで、教員室19時まで、国分寺キャンパスの入構可能時間は8:30から19:00となっており、原則として、各種施設(図書館、PC自習室、メディア工房、大学院研究室、個人研究室、100周年記念館等)の利用時間を19時までとしています。

●入構について
緊急事態宣言解除一週間後からの入構については、下記のとおりとします。
1.当面の間、国分寺キャンパス及び村山キャンパスへの一般の方(本学学生、教職員以外)の入構はご遠慮くださるようお願いいたします。事前に申し出て許可された方のみ入構できる取り扱いを継続します。
2.入構は正門及び東北門のみとします。南門、東門は終日閉鎖しています。また、東北門からの学生の入構は、平日の8時30分から11時のみとします(スクールバス利用者を除く)。
3.37.5度以上の発熱のある方、体調不良の方は入構しないでください。自宅で検温し、学内ではマスク(原則として不織布マスク)を着用してください。
4.入構の際は以下の場所で必ず検温してください。検温に時間がかかることがあり得ますので時間に余裕をもって入構してください。
正門からの入構者は、学生厚生会館1階(平日8:00~19:00)で検温してください。土日、授業のない祝日及び上記の時間以外は、正門守衛所で検温(非接触型検温器)してください。
東北門からの入構者は、6号館1階(平日8:30~11:00)で検温してください。東北門から入構できない時間帯は正門を利用してください。

●学内での食事場所と食事の際の注意点について
1.当面の間、学内での食事は許可された場所のみとします。
食事が可能な場所

・葵陵会館1~3階(終日可)
・各建物のラウンジ(終日可)1号館2階ラウンジ、5号館各階ラウンジ、進一層館B1,B2ラウンジ、学生厚生会館3階ラウンジ
・屋外(終日可)
・教室(以下の13教室)(2限授業終了後~12:45のみ可)
1号館:A101・A4052号館:B101・B201・B301
4号館:D101
5号館:E001・E002・E101・E102
6号館:F307・F308・F309
*F307、F308、F309ではランチ講座などの映像配信を行うことがあります。
*教職員は上記の他、研究室、事務室、休憩室での食事を許可しています。
2.食事の際は、マスクを外すため感染リスクが高まりますので、飛沫感染を発生させないよう十分に注意してください。
3.食事は、黙食を基本とし、少人数で、対面を避け、会話は慎むようお願いします。対面での食事の場合は、アクリルボードのある食堂やラウンジを利用し、教室での食事は、短時間での黙食をお願いします。
4.食事を許可する教室には、消毒液とペーパータオルを設置します。食事の前後に必ず自主的に消毒してください。ペーパータオルは廊下のごみ箱(燃えるごみ)に捨ててください。
5.会話は慎み、黙食をお願いします。感染リスクの高まる食事のとり方をされている場合には、教職員が注意をする場合があります。注意に従うようお願いします。

以 上