サイト内検索

Search

言語選択

Search

日本語 ENGLISH

nc_トピックス

第3回国分寺学派 子ども向けSDGs学習会を行いました

  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
 

ナナフシを観察する参加者たち

東京経済大学は、大学のSDGs活動の一環として2022年4月29日(金)に、小学5年生から中学生を対象とした「足もとを覗いてみよう!国分寺の自然とSDGs~武蔵野の自然から海と陸の豊かさを考える」観察・学習会を行いました。

当日は、大久保奈弥全学共通教育センター教授が講師を務め、新次郎池周辺の森を探索しながらスマホ顕微鏡で植物や昆虫などを撮影し、撮影した画像を元に大倉喜八郎 進一層館ホールで参加者がプレゼンテーションを行いました。

学習会では大久保教授が、この国分寺の地で湧き出た水がどのような道を辿り海にたどり着くのか、私たちの生活がどう環境に影響を及ぼすかなどをスライドを使用して解説しました。

学習会終了後、大久保教授が持参した珊瑚の骨やタツノオトシゴのはく製、ヒドラなどを手に取り談笑するひとコマも見られました。

学習会の模様は、5月中旬頃大学公式サイトで公開する予定です。