サイト内検索

Search

言語選択

Search

日本語 ENGLISH

申込受付中

【学術シンポジウム】変容する国際会計:久木田重和名誉教授が目指した国際会計への架け橋

久木田重和本学名誉教授が、2021年7月8日に享年78歳で亡くなられました。久木田先生は、九州大学で会計学を学び、1971年4月に本学経営学部に着任されています。久木田先生のご研究の関心は、時代的な背景もあり、時価主義会計、さらにはその時価主義会計の一形態を取り入れた、オランダ取替価値会計にありました。オランダの世界的な企業である、フィリップス社の会計実践の変遷を丹念に渉猟され研究を進め、『東京経大学会誌 経営学』に多くのご論稿を発表なさっています。このような久木田先生のご研究の系譜は、国際会計研究の一つの道標になると考えます。ここに、久木田先生の遺徳を偲びつつ3名の先生方をお迎えし、変容する国際会計研究について、そのあゆみを一歩進めるシンポジウムを企画いたしました。

久木田 重和

東京経済大学名誉教授(元学長)、2021年7月8日逝去、78歳。九州大学経済学研究科博士課程単位取得満期退学、東京経済大学専任講師、助教授を経て教授。この間1978年4月より1979年7月までオランダ・エラスムス大学にてオランダ取替価値会計の研究に従事。専門は、国際会計(オランダ会計)、財務会計、簿記。

※終了いたしました。

日 時 6月18日(土) 13:30~16:30(受付13:00)
会 場 東京経済大学 大倉喜八郎 進一層館ホール
※お車での来場はご遠慮ください。
定 員 160名
参加費 無料
申込方法 事前申込制。本学公式サイトよりお申し込みください。
(電話受け付けは行いません)
※受付返信メールが参加証となります。
申込締切 2022年6月10日(金)
※申込順に受け付けいたします。
定員に達し次第、締切り日を待たずに受付を終了する場合がございます。
主 催 東京経済大学学術研究センター
東京経済大学「変容する国際会計」学術フォーラム実行委員会
(代表・小野 武美 経営学部教授)
  • タイトル:「国際会計研究におけるケース・スタディの意義―ドイツ・スイスのIFRS導入―」

    潮﨑 智美

    九州大学大学院経済学研究院准教授
    九州大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。博士(経済学・九州大学)。九州大学経済学部助手、広島市立大学講師、助教授・准教授を経て、2014年より現職。

  • タイトル:「久木田重和先生とオランダ会計学」

    橋本 武久

    京都産業大学経営学部教授
    神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学)。2006年4月より2007年3月まで、オランダ・ライデン大学にて在外研究。2010年より現職。

  • タイトル:「会計と会計環境との共進化-様々なケース-」

    徳賀 芳弘

    京都先端科学大学教授、京都大学産官学連携本部顧問、京都大学名誉教授。九州大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。博士(経済学・京都大学)。熊本商科大学講師、九州大学教授、京都大学教授を経て、2021年より現職。金融庁企業会計審議会会長、企業会計基準委員会委員、日本会計研究学会会長、日本学術会議会員等を歴任。

注意事項

ご参加に際しては、以下の注意事項をご確認ください。

  • 来場時は必ず不織布マスクの着用をお願いいたします。なおスタッフは、マスクを着用して対応させていただきます。
  • ご自宅出発前の検温をお願いいたします。体温が37.5℃以上の場合は、参加はご遠慮ください。欠席連絡は不要です。
  • 本学では、新型コロナウイルス感染症対策として、事前に申し込みされた方を除き、キャンパスへの入構を制限しています。
  • 今後の新型コロナウイルス感染症拡大の状況等により、中止または延期させていただく場合がございます。その場合は、お申込み時に、登録いただいたメールアドレスへメールにてお知らせいたします。大学公式サイトにおいても併せてお知らせいたしますのでご確認ください。

お問い合わせ

東京経済大学学術研究センター
東京経済大学「変容する国際会計」学術フォーラム実行委員会
E-mail:kukita_sympo@tku.ac.jp