サイト内検索

Search

キャリアデザインプログラム

1年次に4学部の基本を学ぶことで
2年次からの専門のキャリア教育がよりいっそう深まります


キャリアデザイン1年次から4年次に開講される少人数制の「キャリアデザイン・ワークショップ」 により自分の適性を探り、長期的な目線で人生をデザインする力や、主体的に考え行動する力を段階的に養います。併せて1年次に4学部の入門科目を学んだうえで、2年次以降は選択した学部に所属し、社会科学の専門的な知識を習得します。また、「学部 横断履修科目」として他学部の科目も受講し、めざすキャリアや目的に応じて学びの世界を広げることが可能です。

運営委員長からみなさんへ

キャリアデザインプログラム運営委員
竹内 秀一教授
キャリアデザインプログラム運営委員長

キャリアデザインプログラムは4年間のキャリア教育を中核とし、本学の4学部が展開する社会科学のなかから興味ある分野の専門性を高めることができるカリキュラムを編成しています。キャリア教育は、少人数で実際の課題解決に取り組むワークショップを中心とし、就業力の基礎となるさまざまな能力を養います。
学生は、1年次に4学部の学部入門科目を学んだうえで選択した学部に2年次から所属。専門性を高めるとともに、「学部横断履修科目」により社会科学を幅広く習得します。このような独自のカリキュラムを通じて、卒業後のキャリア形成にも生かせる「進一層」の精神と実践的な知力を養成しています。

4年間の流れ

4年間の流れ

授業の様子

キャリアデザインプログラムについて詳しく知るには