サイト内検索

Search

言語選択

Search

日本語 ENGLISH

コミュニケーション学部

大榎 淳 准教授ゼミ

表現研究

表現研究

学びのキーワード

#表現と批評 #表現の自由 #拡張された芸術概念 # 社会彫刻

作って考えるか、考えて作るか

相互に作品を批評しながら制作を続け、その成果をゼミ展で発表します。教員は、電子工作で作品を製作し、微弱電波のラジオ放送や街頭プロジェクションのイベントなど、いわゆるメディアアートの領域で活動していますが、学生は、各々関心の分野に取り組んでいます。このため、ワークショップ科目での技能習得が求められ、さらに、独学で習得という場合もあります。これらは、主に、映像・音楽制作の機材とアプリがそろう「メディア工房」を活動の場としています。
ゼミ展は、キャンパス空間では学内展、一般のギャラリーでの開催を学外展と呼び、中心的活動としてきました。しかし、近年、それは参加者の重荷となり、危機状態にあります。代わって、中心の地位に浮上したのは、ゼミ合宿による美術イベントの見学です。新潟県妻有エリアの大地の芸術祭や、名古屋を中心としたあいちトリエンナーレ、海外では、韓国の光州と釜山、台湾の台北、そして、イタリアのヴェネチア・ビエンナーレにも出かけました。特に海外へは、本学の海外ゼミ研修制度の援助を受けています。

ゼミDATA

所属人数 21人 内訳
2年次 7人
3年次 6人
4年次 8人
ゼミブログ
Facebook
Twitter
Instagram
外部リンク

担当教員

大榎 淳准教授

研究分野

テクノロジーアート/メディアアート

主な担当科目

インターンシップ/身体表現ワークショップ/映像環境論/映像文化論/メディアアート論/アート論

ゼミの活動形態

  • ゼミ合宿
  • 企業・地域とのコラボレーション
  • コンテスト出場
  • フィールドワーク
  • ケーススタディ
  • ワークショップ
  • グループワーク
  • 個人研究
  • クラウド・ファンディング/募金活動
  • 海外ゼミ研修
  • 他ゼミとの合同活動
  • プレゼンテーション
  • データ分析
  • 文献講読
  • イベント開催
  • ディベート
  • ゼミ論集作成
  • ゼミ研究報告会
  • ゼミ展

受講可能学部

経済
学部
経営
学部
コミュニケーション
学部
現代法
学部
経済
学科
経営
学科
コミュニケーション
学科
現代法
学科
国際経済
学科
流通マーケティング
学科