サイト内検索

Search

経済学部

野田 浩二 教授ゼミ

環境経済学および環境政策論

環境経済学および環境政策論

学びのキーワード

#環境問題 # 文献輪読 #社会変化 #フィールドワーク

環境問題から社会変化を読み解く!

 本ゼミの目的は、環境問題から社会の変化を読み解く力を養うことです。こちらで統一テーマを掲げ、1期はそれに即した基本文献を輪読し、2期は各自の個人研究を行います(1期の基本文献が、環境経済学の教科書になる場合もあります)。ペットの環境問題や景観保全問題、観光公害問題といったように、これまで取り上げた環境問題は多種多様です。
 2019年度の統一テーマは、「トーキョーのいま」です。そのため、日本の景観保全・観光問題の論客として知られるアレッ クス・カー氏の『観光亡国論』と、世界的に著名な科学雑誌として知られる『ナショナル・ジオグラフィック』(日本版) 2019年4月号の特集「世界の都市」をじっくりと読み合わせました。2期は、個人研究となります。
 私が望むのは、日々変化し続ける社会に興味を持っている学 生です。授業方針はその年度で変わることが多いので、シラバス、ゼミ選考時などを通じて詳細を確認してください(履修者の状況次第で、履修確定後に内容を変える場合もあります)。

ゼミDATA

所属人数 19人 内訳
2年次 3人
3年次 12人
4年次 4人
ゼミブログ
Facebook
Twitter
Instagram
外部リンク

担当教員

野田 浩二教授

研究分野

環境経済学/環境政策論(歴史研究を含む) /水政策史/制度派経済学

主な担当科目

環境経済学

ゼミの活動形態

  • ゼミ合宿
  • 企業・地域とのコラボレーション
  • コンテスト出場
  • フィールドワーク
  • ケーススタディ
  • ワークショップ
  • グループワーク
  • 個人研究
  • クラウド・ファンディング/募金活動
  • 海外ゼミ研修
  • 他ゼミとの合同活動
  • プレゼンテーション
  • データ分析
  • 文献講読
  • イベント開催
  • ディベート
  • ゼミ論集作成
  • ゼミ研究報告会

受講可能学部

経済
学部
経営
学部
コミュニケーション
学部
現代法
学部
経済
学科
経営
学科
コミュニケーション
学科
現代法
学科
国際経済
学科
流通マーケティング
学科