サイト内検索

Search

言語選択

Search

日本語 ENGLISH

経済学部

横川 太郎 准教授ゼミ

現代経済の諸問題 : 経済停滞、不安定性、格差拡大を中心に

現代経済の諸問題 : 経済停滞、不安定性、格差拡大を中心に

学びのキーワード

#現代資本主義 #金融 #制度の歴史的発展 #論文作成

私たちが暮らす現代資本主義経済の問題に歴史・制度・理論からアプローチする

日々のニュースで言われている長期の経済停滞、金融不安定性、グローバルな格差拡大といった経済問題。これらがなぜ生じているのか、それが私たちの生活にどんな影響を及ぼすのか、これらの問題に対処するにはどうすればいいのか、といった疑問・興味関心を共有している学生が集まって勉強していくゼミになります。こうした問題に歴史・制度・理論の側面から接近することで、私たちが暮らす資本主義経済を多角的に理解する力を身につけることを目指します。
ゼミでは、まずテーマに関わる本を読んで知識をインプットすることから始めます。その上で、各ゼミ生が興味をもった事柄についてレポートを作成し、グループに分かれて研究を行います。2021 年のゼミでは、前期に資本主義経済の不安定性と、その対処法の研究に生涯を捧げたハイマン・P・ミンスキーの理論と政策提言について解説した本を勉強しました。後期には、レポートを受けて、決済手段の革新と国際資本移動の自由化の歴史的展開についてグループに分かれて研究しました。

ゼミDATA

所属人数 9人 内訳
2年次 5人
3年次 3人
4年次 1人
ゼミブログ
Facebook
Twitter
Instagram
外部リンク

担当教員

横川 太郎准教授

研究分野

金融制度/金融不安定性/現代資本主義論

主な担当科目

現代資本主義論/社会経済学入門/インターンシップ

ゼミの活動形態

  • ゼミ合宿
  • 企業・地域とのコラボレーション
  • コンテスト出場
  • フィールドワーク
  • ケーススタディ
  • ワークショップ
  • グループワーク
  • 個人研究
  • クラウド・ファンディング/募金活動
  • 海外ゼミ研修
  • 他ゼミとの合同活動
  • プレゼンテーション
  • データ分析
  • 文献講読
  • イベント開催
  • ディベート
  • ゼミ論集作成
  • ゼミ研究報告会

受講可能学部

経済
学部
経営
学部
コミュニケーション
学部
現代法
学部
経済
学科
経営
学科
コミュニケーション
学科
現代法
学科
国際経済
学科
流通マーケティング
学科