サイト内検索

Search

経済学部

李 海訓 准教授ゼミ

食料・農業問題を考える

食料・農業問題を考える

学びのキーワード

#食料問題 #フードシステム #農業問題 #スマート農業

現場訪問・体験を通じてリアリティーのある食料・農業経済を学ぶ


 1期は、テキスト輪読が中心です。身近な存在である食料・ 農業の持つ経済的意味・政治的意味・歴史的意味を考えるとともに、日本農業の現状を理解することが目的です。
 1期の学習内容を踏まえて、2期は、グループ研究を行います。2019年度は、近年話題の「AI農業」、「スマート農業」などをキーワードに、グループごとにテーマを設定し、関連文献・資(史)料の調査、報告用資料の作成、プレゼンテーションなどを行っています。
 こうした教室内での学習だけでなく、食料・農業経済をよりリアリティーのある学問として学ぶために、1期・2期それぞ れ工場見学、農場見学、卸売市場見学、農家・牧場調査などを2回ずつ実施しており、さらには夏休み期間中に、ゼミ合宿(北海道)を兼ねての、農家調査、農業体験を計画しています。

ゼミDATA

所属人数 14人 内訳
2年次 12人
3年次 2人
4年次 -
ゼミブログ
Facebook
Twitter
Instagram
外部リンク

担当教員

李 海訓 准教授

研究分野

農業経済学

主な担当科目

食糧・資源問題/ニュースで学ぶ経済学

ゼミの活動形態

  • ゼミ合宿
  • 企業・地域とのコラボレーション
  • コンテスト出場
  • フィールドワーク
  • ケーススタディ
  • ワークショップ
  • グループワーク
  • 個人研究
  • クラウド・ファンディング/募金活動
  • 海外ゼミ研修
  • 他ゼミとの合同活動
  • プレゼンテーション
  • データ分析
  • 文献講読
  • イベント開催
  • ディベート
  • ゼミ論集作成
  • ゼミ研究報告会

受講可能学部

経済
学部
経営
学部
コミュニケーション
学部
現代法
学部
経済
学科
経営
学科
コミュニケーション
学科
現代法
学科
国際経済
学科
流通マーケティング
学科