サイト内検索

Search

経済学部

羅 歓鎮 教授ゼミ

日本と開発途上国

日本と開発途上国

学びのキーワード

#日本 #グループ学習 # 開発途上国 #海外研修

64億人の開発途上国を研究し、日本の現状と将来を考えていく



 我々が住んでいる世界は先進国と開発途上国に区分され、しかも途上国人口は2/3を占めています。途上国は、工業化や市場化を通じて先進国に追いかけ(キャッチアップ)、先進国並みの生活 を実現するために努力しています。戦後70年間をかけて、その目標を実現した途上国があれば、なかなか貧困の罠から脱出できずに苦闘している途上国もあります。日本は、欧米諸国へのキャッ チアップに成功したアジア唯一の先進国として、貿易、対外直接投資、政府開発援助(ODA)を通じて、途上国の経済発展を支援しています。また、人口減少に直面している日本企業は膨大な人口を抱える途上国を新興市場と投資先として活用しようとしてい ます。ゼミは、上記の問題意識で、グループ学習と個人研究を中心に、主に中国や東南アジア諸国を対象に、経済、文化、社会、 環境、貧困及び日本とのかかわりを研究し、プレゼンテーションをしています。毎年夏休みを利用して中国、ベトナム、マレーシア、タイなどアジア諸国での現地研修を実施しています。それらの研 究・研修を通じて、ゼミ生の問題発見能力をはじめとするコミュ ニケーション能力を高めることをゼミの最大の目標としています。

ゼミDATA

所属人数 29人 内訳
2年次 7人
3年次 11人
4年次 11人
ゼミブログ
Facebook
Twitter
Instagram
外部リンク

担当教員

羅 歓鎮教授

研究分野

開発経済学/中国経済論

主な担当科目

開発経済論/インターンシップ

ゼミの活動形態

  • ゼミ合宿
  • 企業・地域とのコラボレーション
  • コンテスト出場
  • フィールドワーク
  • ケーススタディ
  • ワークショップ
  • グループワーク
  • 個人研究
  • クラウド・ファンディング/募金活動
  • 海外ゼミ研修
  • 他ゼミとの合同活動
  • プレゼンテーション
  • データ分析
  • 文献講読
  • イベント開催
  • ディベート
  • ゼミ論集作成
  • ゼミ研究報告会

受講可能学部

経済
学部
経営
学部
コミュニケーション
学部
現代法
学部
経済
学科
経営
学科
コミュニケーション
学科
現代法
学科
国際経済
学科
流通マーケティング
学科