サイト内検索

Search

経済学部

南原 真 教授ゼミ

東南アジアと日本の経済関係を企業の投資動向から考える

東南アジアと日本の経済関係を企業の投資動向から考える

学びのキーワード

#海外投資 #FTA( 自由貿易協定) #日系企業 #AEC(アセアン経済共同体)

貿易と投資動向から日本と東南アジアの経済関係を見よう

 日本は世界の国々と貿易をし、かつ日本企業は世界の主要地域に投資を行っています。
 また、TPPやFTA(自由貿易協定)やEPA(経済連携協定) など貿易や投資の促進と自由化に向けて、日本は多くの国や地 域とこれらの協定を締結しています。
 2015年末にAEC( アセアン経済共同体)が発足したことにより、これまで以上に日本とアセアンの関係は経済面で注目されています。ジェトロが毎年刊行している『ジェトロ貿易投資報告』を参考に、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネ シアの国々と日本の経済関係を貿易構造や投資動向から見ていきます。
 日本の企業のアセアンへの投資動向は製造業や流通業のケーススタディ(事例研究)でも学びます。労働力の移動の面では日本の海外技能実習生制度の課題も取り上げます。

ゼミDATA

所属人数 32人 内訳
2年次 15人
3年次 14人
4年次 3人
ゼミブログ
Facebook
Twitter
Instagram
外部リンク

担当教員

南原 真教授

研究分野

東南アジア経済史

主な担当科目

アセアン経済論/社会経済学入門/職業選択とキャリア形成Ⅰ

ゼミの活動形態

  • ゼミ合宿
  • 企業・地域とのコラボレーション
  • コンテスト出場
  • フィールドワーク
  • ケーススタディ
  • ワークショップ
  • グループワーク
  • 個人研究
  • クラウド・ファンディング/募金活動
  • 海外ゼミ研修
  • 他ゼミとの合同活動
  • プレゼンテーション
  • データ分析
  • 文献講読
  • イベント開催
  • ディベート
  • ゼミ論集作成
  • ゼミ研究報告会

受講可能学部

経済
学部
経営
学部
コミュニケーション
学部
現代法
学部
経済
学科
経営
学科
コミュニケーション
学科
現代法
学科
国際経済
学科
流通マーケティング
学科