サイト内検索

Search

コミュニケーション学部

メディア社会学科・国際コミュニケーション学科

現代のコミュニケーション環境における、さまざまな課題を発見し、
解決のための創造的な構想を示せる人材を育てます


人と人の間や企業・組織、また異文化間において行われるコミュニケーション、そしてコミュニケーショ ン手段であるメディアや言語表現の理論と実践を学びます。コミュニケーションのあり方を考え、多様化する社会、文化のなかで良好な関係を築く力とともに、情報社会が抱える課題を見出し、快適なコミュニケーション環境を創造する力を養います。
そのような考え方を発展させ、2022年度からは「国際コミュニケーション学科」「メディア社会学科」の2 学科体制になります。




2022年4月、コミュニケーション学部はメディア社会学科、国際コミュニケーション学科へ入試情報



学部長からみなさんへ

コミュニケーション学部
山田 晴通教授
コミュニケーション学部長山田 晴通教授

インターネットを軸にグローバル化が進展し、メディアの急速な進化が、社会に絆を生み出すコミュニケーションの形を変えつつあります。しかし、つながりを求める人間の心の本質は、歴史を超えて変わりません。コミュニケーションの本質に関する理論や、現状分析の技術、そして効果的な表現技法を獲得し、メディアリテラシーを高めて「実践的な知力」を修得することが私たちの学びの目的です。
メディア社会学科では、現代社会を支える多様なメディアについて、理論と実践を交えて学んでいきます。
国際コミュニケーション学科では、ヒト、モノ、コトの「移動/モビリティ」に注目しグローバルな社会の動きを見通す視座を養います。少人数による演習(ゼミ)や実習型のワークショップが充実していることも、本学部の特色です。

4年間の流れ

4年間の流れ

授業の様子